スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サカタのフットサルろん6~動画で勉強オフザボール編~

こんばんはー
何か練習にしばらくいけそうに無いのでブログでストレスを発散します!

今回はyoutubeで見ながら学ぼう動き方!
ということでサッカーの基本的な動き方を解説してみようかと思います。
サッカーとフットサル違うような気もしますが基本はたぶん同じでしょう。

さぁ、ミランです。


うますぎですねぇ。。
注目は3:35付近
ロニーがスペース作って、そこに入り込んだ選手がフリーになってますよね。

サッカーでは自分がボールを持っていない状態をオフザボールと呼びます。
このオフザボールの動きを覚えるとグッとプレーの幅が増えると思います。

まずは先ほど話したロニーのサイドへと走りこむ動き。
これたしかダイアグナルラン的な名前がついてたと思います。
中学のときに噛みそうな名前で覚えました。
みんなも噛みそうになりながら走りましょう。

サイドから中央に入る動きも同じダイアグナルラン。
この動きはスペースを空けてもうひとりを生かすために走ると言って良いでしょう。
スペースを味方が空けてくれたことに気付いて上手く使うことも重要です。


さて、続いては3:51付近
インザーギさんに注目です。
ちょっと一瞬ですがボールを受ける直前にゴールとボールとDFが見える向きを保ちながらDFから離れる動きをしていると思います。
コレがプルアウェイという動きです。

この動きはパスの出し手と受け手のイメージが一致できればかなり破壊力のある動きやと思います。
動画みたいに決まるとDFなんもできやんねw

この動きが出来るとDFとの駆け引きが面白くなります。
しかし、パスの出し手のセンスも問われますw

例えばこの動画で言えばインザーギさんがプルアウェイしてDFとの隙間が出来た瞬間にズバッと左足に早いパスを出せばもはやDFは何も出来ない訳ですね。

おお、勉強になったね!!
サッカーと違ってフットサルは展開が速いから大きく動くのが難しいかもしれないけれど、こんかい紹介した動き方や体の向きはフットサルにおいても大きなヒントになると思います。

インザーギさんの得点シーンが説得力あると思います。
動いたのはほんの数メートルです。
でもでも、あそこであの動きをしなければゴールは生まれなかったでしょう。
体の向きや動きを工夫することの大切さが伝われば嬉しいです。

具体的にどう工夫するねんw
とかは実際にやりながら説明しないとパニックになると思うので練習時にでも聞いてください笑
以上サカタでしたー

サカタのフットサルろん5

こんばんは!

研究室の実験器具の部品をアキバまで買いに行って、道中「おいしくなるおまじない」を巫女さんにしてもらっている友人を動画に収めながら爆笑していたサカタです。

ご無沙汰しておりました。

ネタがないので今回は動画をはりはりします。笑
がっついてモチを上げていきましょう!

まずは神降臨。ファルカンさん。
ここまできたら笑うしかないなぁ。。



なんじゃこりゃw
一回もボール触られてないやん。
注目してほしいのはボールの支配の仕方と攻撃時のスピードアップです。



うめぇ。



へんなシリーズを発見。






という訳で、動画シリーズでした!
今から座りながらリフティングしてみよっと。

サカタのフットサルろん4

どーも。
『いつも楽しみにしてます』と言ってもらって、めがっさウキウキしちゃった単純な男ことサカタです。

雨ですねぇ。。
学祭では雨が降るというジンクスは今年も健在かw
もう開き直って泥んこサッカーを楽しみましょう。


さて、みなさんボールは好きですか??

ボールは友達と豪語した某破天荒漫画主人公や日常生活で片時もボールを離さない馬鹿野郎が織り成すサクセスストーリーをご存知の方も多いはず。

最近練習でも人数が多くてボール触る時間が少ないでしょ。
でもね、休憩時間にボールを触っちゃイカンというルールはないんです。
ボール触り足りない人はどんどん触ればいい。
せっかくフットサルしに来てるのに時間もったいないやん?
まぁ、私の場合は4年おらん過ぎて単に肩身が狭いからですが・・・笑

わからないんだ!一年生との接し方がわからないんだ!!涙


・・・失礼しました。
それでは本題でするー

『女子プレーヤーはゴール前にいた方がいいんですか?それとも動き回ってもいいんですかね?』

という質問を受けたのでコレについて煮詰まってみようと思いつきました。
えらい難問かもしれませんのう。

ホワイトボードと磁石と格闘することしばし、なんかそれっぽいことが見えたので書いて見ましょう。
sample01

中が白くなってる丸が女の子の位置です。
ここ付近を起点にしてちょこまか動いて相手の隙を狙いましょう。
全体の動きの基本は男どものバタフライの動き(新保によるサカタのろん3.5参照)です。
この動きがちゃんとできれば、相手はマークがずれたり混乱すると思います。
その隙を突いて崩せたらそれでOKで、ガンガン攻めちゃいましょう。
最後に3対3て書いたけど、実はずっと3対2やたw笑
まぁ、有利な3対2てことで・・・

もしくは、相手マークの混乱によって女の子がパスを受けることができるかもしれません。
そのときは、女の子がシュート狙ってもいいし、前線でキープしといて男どもに落としてしシュートに持ってくのもおもろいかもしれません。
女の子にパスしたときは普段の5倍の速度と情熱でサポートにいってあげましょう。
それがジェントルというものです。

これは結構チームで練習しないと難しそうやけど。。



あとは・・・
サイドから攻撃してて、シュートかクロスを出せる場面が結構あると思います。
こういう場面、ぜひとも女の子にはゴールのファーサイド(ボールのあるサイドから遠いほうのサイド)
に入ってもらいたい。
futsal02

そのままゴールするようなボールでも触っちゃえば女の子特権で2点ゲット!!
こんなおいしいの、逃す訳がありません。
サイド攻撃は結構女の子の得点シーンを演出してくれるんです。

えと、ゴール前に入るタイミングですが、ボールもってる人がドリブルしている間に動き始めましょう。
そして、ボール蹴って飛んでくる頃にゴール前に入っているのが理想ですな。
この一連の動きは男だらけの試合でも使えるものです。

この場合だけでなく、シュートが飛んできそうやと思ったらゴール前に入っちゃいましょう。
触って入ればあなたの得点になるなる!
女の子がシュートコースにいたら状況にもよるけれどゴロのシュートにしましょう。
ちょこんと触れば2点ものw

うん、だからずぅーーとゴール前にへばり付いてなくてもええと思うよ。
時々下がってボールを受けてみたり、シュートが来そうやと思ったらゴール前に入ってみたり、そんな感じでしょうか。。
いつ、どんな風に動くかは実際にやってみないとつかみにくいやろなぁ。

すっごい触りのイメージだけでもつかんで貰えれば幸い中の幸いです。
なんかしょっぼいアニメーションでごめんなさい。
めっさヤル気ぷ~な感じですが、これがサカタクオリティ。



まとめ

女の子は前線でちょこまか動きましょう。

1.攻撃時は前線で相手の隙をうかがってパスを受ける。
1.またはゴール前に入って味方のシュートを自分の得点として奪う
1.守備時は前線でボール持ってる人にプレッシャーをかける

こんな感じでええんかなぁ。。
あかんやろなぁ。。

↓↓このサイトにMIXチームのこと書いてあるから読んでみそ!
フットサルフリーク

最初からこのページ読んだ方がええやん!とは思っても言わないでw
まだまだ私も勉強不足です・・・


今回も最後までお付き合いありがとうございましたー

ほなさいなら!

サカタのフットサルろん3.5

こんばんはー

サカタさんじゃ、ありません。

突然ですが…なので、文章ぎこちないです。
あと、『サカタのフットサルろん』ですが、ざっとしか読んでないでのでかぶったらすみません。
それとユーモアなくてすみません↓↓
サカタさんの文章を読むと、そのつど心が和みます。いいんですユーモア感が!!

うらやましいね。


『サカタのフットサルろん3.5~フォーメーション+アクション~

言葉で説明できない部分が多いのでサイトから持ってきたものを貼ったりします。

まず、フォーメーション。某サイトによるとボックスダイヤが基本だそうです。

・ボックス
ボックス
↓↓↓↓↓↓↓↓
ボックスで攻める感じです。
1.バランスいいし、
2.DFと距離うまく保てば、ほぼ100%パスまわるし、(?)
3.展開が楽だし、  など
の理由で結構、有効だと思います。 というよりも攻める上での一種 定石です。

★バランスいいの前にバランス保つのが難しい。 バランスを保つためにはパス&ゴー?。

今日の練習で1年生に回る感じとか言ったけど、わかんないですよね↓↓
ということでこのURL先の動画参考にしてください。
http://www.enjoyfutsal.com/teach/teach_1151226690.html
※注:めっちゃうまいですが、あくまでイメージで。 あと、見てほしいのはボール浮かせたとことかじゃなくて、最初の数本のパス回し!!

あまりいい動画がなかったんですが、このパス回しの一連の流れがいわゆる『バタフライ』の動きです。 ちなみに、動画の題名にあるケブラとは、戻る動きで、(戻って前へなどに使う)見せかけの動きのことです。 DFとの距離稼ぐ意味でこれもまた重要です。

・ダイヤ
↑↑↑↑↑↑↑↑
dia.gif
ダイヤ+ポジションです。 これも攻めの形です。 ダイヤ型もフットサルには欠かせません!!

フィクソ:ボール運び的なポジションです。
アラ:アラはアラとしか言えません。
ピヴォ:バスケで言うセンターです。ポストプレイなど。
ゴレイロ:書いてないけどキーパーです。

説明むずかしいので、こっちは動画URL見てください。
http://www.futsalfreaks.net/20_ren/Flash/Lesson_08.swf

http://www.enjoyfutsal.com/teach/teach_1150683389.html

http://www.enjoyfutsal.com/teach/teach_1151225940.html

ダイヤ、むずいですね… 抜けるとかだけじゃなく旋回の動きも取り込んでます↓↓ でも、動画から、パス&ゴーでスペースに走りこんでる感じはつかんでほしいところ。


最後に総括ということで、この動画を見てください。
どう見ても平沼体育館です!?
http://www.enjoyfutsal.com/teach/teach_1146440069.html


ここまで見てくれた人。 期待ウスですが… どーもありがとう!!

ODはサークルだから難しい動きとか考えたくないと思うかもしれないけど、考えたほうが絶対楽しくなるはず。 押し付けとかでなく。 できれば、大きなアクションだけじゃなく細かいフェイクの動きも意識してほしいです。 自然にできるようになると思うし。 以上、文章のしめ方がわからない 新保でした。

張り切って&アクションとか書いたけど省略で。

サカタのフットサルろん3

こんばんはー
人生に意味を見出そうとしていつも失敗しているサカタです。

さて、もはや前回からネタ切れの様相を呈しておりますが、しぶとく更新し続けます。
『継続は力なり、しかし基本的に続かない。』
『千里の道も一歩から、でもちょくちょく寄り道しちゃう。』
『ちりが積もろうが所詮はゴミの山。』
そんな言葉たちがあるくらいです。

今回のテーマは『バランスと動き』です。

ルート・ファン・ニステルローイのエリアでのシュート体勢
然り、
えっとですねースイングのときですねー彼は全く軸がズレないんですよねー(掛布さん調)
然り、
スポーツにおいてバランスというものは大事なようです。

そんなこんなーで、私がいつもODの試合中に気になっていることは、

試合中のチームのバランスが悪い

ってことです。
自分のボディバランスは自分でなんとかしようと思えばできますが、チームのバランスというものはやっぱり共通意識がないとなんとかならないと思います。

そもそもチームバランスってなんやらほい?
ってことですが、簡単に言えば攻めるときにみんな前に上がってしもてカウンターでやられるとか、
縦パスが入ったときに誰も上がってなくて一人孤立してしまうとかです。

何でそんな現象がおこるか、ということを考えてみましょう。
まずはプレー中何も考えてないんじゃないか、ってことです。
そんなことではキムキム兄やんに「考えられへん!!」って言われます。

フットサルにおけるボール持ってないときの動きの基本は二つ。

1.スペースを作る動き
2.スペースに入る動き


それだけです。

まずは初級編。
一人でスペースを作ってそのスペースに入る練習をしましょう。
裏狙おうとすれば足元でのスペースが空く訳やし、足元で受けようとすれば裏が空く訳です。
うまくDFを騙してスペースを作ってみましょう。

そして発展編。
複数人で、誰かが作ったスペースを誰かが有効に使ってみるということを考えてみましょう。
例えば、ピヴォの人が引いて来て足元で受ける動きをしてみます。
するとゴール前のスペースが大きく空くことは明白ですよね。
そこに左右のアラの人どっちかが入りこむことでボールを受けるということが考えられます。
そこでボールを受けることができなかったとしても、アラが動いたことでできたスペースを誰かが使うことを考えれば、理論上は延々とスペースの利用ができる訳ですな。

で、話題をチームバランスの話にもどします。
最悪なのは上記した発展編での左右のアラが両方とも裏を狙おうとすることです。
そんなことをするとバランスが終わることは明確に理解できるでしょう。
だから、基本は一人が上がったら、もう一人は下がってバランスを取ることです。
そうしておけば、裏に走ったアラへのパスがもしカットされたとしても、DFには2人の人(フィクソと片方のアラ)が残れることになります。
こうなったらやばいんじゃないかって予知する危機感知能力。
そういう能力は生きていくうえでも大いに役に立つと思います。

問題は周りの動きだけではありません。
ボールを持っている人も考えてプレーしないとあきません。
例えば、バランスが悪いときには無理なパスは出さずにキープに切り替えるとか。
上がってしもた人に、落ちて来い!コンチキショウ!と思いながらも、キープで味方が落ちてきてバランスを修正する時間を稼ぐことも時には必要です。

最初は難しいかもしれへんけど、周りをよく見ながら試合を重ねてこういうときは危ないとか、これは使える、とかいろいろ自分で考えながらプレーすると上達すると思います。
そういう姿勢で試合してるプレーヤー素敵です。

今回も長々と書きました。
最後までお付き合いいただいたあなたありがとうございまーす。

うーむ。
需要があれば近々これに沿った感じでの練習会を企画するのも面白いかもしれんね。
どーでしょねー??
プロフィール

OD

Author:OD
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。