スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サカタのフットサルろん3

こんばんはー
人生に意味を見出そうとしていつも失敗しているサカタです。

さて、もはや前回からネタ切れの様相を呈しておりますが、しぶとく更新し続けます。
『継続は力なり、しかし基本的に続かない。』
『千里の道も一歩から、でもちょくちょく寄り道しちゃう。』
『ちりが積もろうが所詮はゴミの山。』
そんな言葉たちがあるくらいです。

今回のテーマは『バランスと動き』です。

ルート・ファン・ニステルローイのエリアでのシュート体勢
然り、
えっとですねースイングのときですねー彼は全く軸がズレないんですよねー(掛布さん調)
然り、
スポーツにおいてバランスというものは大事なようです。

そんなこんなーで、私がいつもODの試合中に気になっていることは、

試合中のチームのバランスが悪い

ってことです。
自分のボディバランスは自分でなんとかしようと思えばできますが、チームのバランスというものはやっぱり共通意識がないとなんとかならないと思います。

そもそもチームバランスってなんやらほい?
ってことですが、簡単に言えば攻めるときにみんな前に上がってしもてカウンターでやられるとか、
縦パスが入ったときに誰も上がってなくて一人孤立してしまうとかです。

何でそんな現象がおこるか、ということを考えてみましょう。
まずはプレー中何も考えてないんじゃないか、ってことです。
そんなことではキムキム兄やんに「考えられへん!!」って言われます。

フットサルにおけるボール持ってないときの動きの基本は二つ。

1.スペースを作る動き
2.スペースに入る動き


それだけです。

まずは初級編。
一人でスペースを作ってそのスペースに入る練習をしましょう。
裏狙おうとすれば足元でのスペースが空く訳やし、足元で受けようとすれば裏が空く訳です。
うまくDFを騙してスペースを作ってみましょう。

そして発展編。
複数人で、誰かが作ったスペースを誰かが有効に使ってみるということを考えてみましょう。
例えば、ピヴォの人が引いて来て足元で受ける動きをしてみます。
するとゴール前のスペースが大きく空くことは明白ですよね。
そこに左右のアラの人どっちかが入りこむことでボールを受けるということが考えられます。
そこでボールを受けることができなかったとしても、アラが動いたことでできたスペースを誰かが使うことを考えれば、理論上は延々とスペースの利用ができる訳ですな。

で、話題をチームバランスの話にもどします。
最悪なのは上記した発展編での左右のアラが両方とも裏を狙おうとすることです。
そんなことをするとバランスが終わることは明確に理解できるでしょう。
だから、基本は一人が上がったら、もう一人は下がってバランスを取ることです。
そうしておけば、裏に走ったアラへのパスがもしカットされたとしても、DFには2人の人(フィクソと片方のアラ)が残れることになります。
こうなったらやばいんじゃないかって予知する危機感知能力。
そういう能力は生きていくうえでも大いに役に立つと思います。

問題は周りの動きだけではありません。
ボールを持っている人も考えてプレーしないとあきません。
例えば、バランスが悪いときには無理なパスは出さずにキープに切り替えるとか。
上がってしもた人に、落ちて来い!コンチキショウ!と思いながらも、キープで味方が落ちてきてバランスを修正する時間を稼ぐことも時には必要です。

最初は難しいかもしれへんけど、周りをよく見ながら試合を重ねてこういうときは危ないとか、これは使える、とかいろいろ自分で考えながらプレーすると上達すると思います。
そういう姿勢で試合してるプレーヤー素敵です。

今回も長々と書きました。
最後までお付き合いいただいたあなたありがとうございまーす。

うーむ。
需要があれば近々これに沿った感じでの練習会を企画するのも面白いかもしれんね。
どーでしょねー??
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

OD

Author:OD
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。